「ホテル番付」のリニューアルに思う予約業務支援サービスの未来

ホテル番付
スポンサーリンク
この記事は 約1分44秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

昨日書いた「MagicPrice」を提供している株式会社空さんが、「ホテル番付」を4月24日にリニューアルすると発表されました。

『ホテル番付』リニューアルに対する背景と想い
『ホテル番付』は2018年4月24日より「エージェント型サービス」へとリニューアル。機能や料金などが改定されます。 今回のリニューアルに関して、どのような背景や想いがあるのか、株式会社空のCEO松村とCPO田仲がこの場を借りてご説明させていただきます。

ホテル番付ブログに今回のリニューアルに対する思いが書かれていますが、「精度の高い仕事をしてくれる、なくてはならない相棒」を提供したいという思いが伝わってきます。

引用元:https://www.hotelbanzuke.com/news/renewal20180424/

会社にとって「ツール」「管理画面」という位置づけですと、どうしても「今日は見なくてもいいかな」「1日くらいチェックしなくても大丈夫だろう」と考えてしまいがちですが、これが「必要なときに必要な情報を届け、どう改善すればよいかを的確に提案してくれる」としたらどうでしょうか。

それも毎日チェックしているツール、例えば会社宛のメールアドレスとか、Google Chromeの通知機能とかで動向が目視できればいいと感じています(毎日絶対に開くソフトやアプリである必要あり)。

Google Chromeの通知機能だと、YouTubeで登録チャンネルから新着動画のお知らせが届くと観に行きますよね。まさにああいうイメージです。

・情報を得やすい環境であること
・可視化できて一目瞭然であること
・何をすればいいかわかりやすいこと
・すぐに作業が終わること

これからは、これらを実現してくれる予約業務支援サービスが、今後必然的にどんどん増えていくんじゃないかなあと思います。

そして、それができないサービスやシステムはどんどん淘汰されていき、宿・ホテルに寄り添って進化できるものだけが残る。そんな未来がすぐ訪れるでしょう。

『ホテル番付』リニューアルに対する背景と想い
『ホテル番付』は2018年4月24日より「エージェント型サービス」へとリニューアル。機能や料金などが改定されます。 今回のリニューアルに関して、どのような背景や想いがあるのか、株式会社空のCEO松村とCPO田仲がこの場を借りてご説明させていただきます。

コメント