天ヶ瀬温泉の川湯2箇所で9月から「湯あみ着」と「トランクス」の着用入浴OKに!「神田湯」では水着も着用OKです!

おすすめスポット, 大分に関すること

この記事は 約2分57秒 で読むことができます。

こんにちは。
「旅館・ホテルの宿泊予約サイト集客サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

日田市にある天ヶ瀬温泉の川湯2箇所で、9月から「湯あみ着」や「トランクス」を着て温泉入浴が楽しめるとのことです。

日田市天瀬町の天ケ瀬温泉街で、玖珠川河川敷の共同露天風呂5カ所のうち「神田湯(じんでんゆ)」と「薬師湯」が9月から、「湯あみ着」を着て入浴できるようになる。

(中略)

昨年実施したアンケートで、「入ってみたいけど勇気がない」といった女性の声を受け、協会が湯あみ着の利用を思い立った。

(中略)

神田湯と薬師湯は左岸にあり、利用料は100円。午前9時から神田湯は午後11時、薬師湯は同10時まで入浴できる。湯あみ着はグレーの無地で、女性用ワンピースタイプ(1着税別千円)。男性用トランクス(同500円)もあり、あまがせ観光案内所や旅館天龍荘、土産物店の田代屋で販売する。着替え場所は天龍荘だけで500円(同旅館の温泉も利用可)。天ケ瀬温泉なんでもパスポートも利用できる。

とのこと。それでPRのために作られている動画がこちら、「湯あみ着」で「川湯」(仮題)です!

その前には、湯あみ着やトランクスを着ての入浴テストもされているみたいですね。

駐車場から遠かったり、更衣室がないなどの課題点も以前からあるようですが、天ヶ瀬駅のトイレが広いようなのでそこで水着に着替える方もいるとのことです。

ちなみに、神田湯(じんでんゆ)では水着の着用もOKとのこと。温泉で水着着て入ってもOKなところがあるということも知らない人が多いはずなのでもっと拡散していいと思います。

「このためだけに湯あみ着を買うのは・・・」という方はあまりいないと思いますので、様々なサイズやデザインから湯浴み着を選んでレンタルできる日帰りプランや宿泊プランを作れば、自然の中で堂々と野天風呂に入ってみたい、温泉好きの方に面白いアプローチができるかもしれませんね。

日田市中心部や豪雨災害での被害が大きかった地域にどうしても目が行きがちですが、大分や別府から日田に向かう途中にある、天ヶ瀬の豊かな自然の中で川湯も是非体験していただきたいです。

本編の動画は、8月20日頃公開予定とのことですのでお楽しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.

Satoshi Hamada

はじめまして。浜田 聡(@chanhamadesu)と申します。「ちゃんはま」と呼んでください。大分トリニータとSuperflyが大好き!宿泊予約サイトの管理画面とサイトコントローラーを使い、大分・別府にあるホテル・旅館のネット集客サポートを行ってます。

PAGE TOP