TL-リンカーン バージョンアップ情報(2018年1月15日版)

TL-リンカーン
スポンサーリンク
この記事は 約1分23秒 で読むことができます。

こんにちは。「旅館・ホテルのネット宿泊予約サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

今回は、TL-リンカーンが2018年1月15日のバージョンアップでリリースを予定している追加機能についてご紹介いたします。

1. 予約検索画面での全件CSV出力のカスタマイズ設定が、1種類→3種類まで可能に。
2. JR九州の「観光券」に関する変更通知が「旅行会社からの連絡」に分類変更。
3. Booking.comの「事前決済」の予約通知で、宿泊者への請求金額表示が「0円」に。

予約検索CSV出力カスタマイズでは、用途に合わせて3種類まで出力項目のパターンを作成できるようになりました。

私はあまりこの機能を使うことはありませんが、何か良い使い方を見つけることができればいいなと思っています。

そして、今回のバージョンアップでの大きな変更は、ブッキングドットコムの事前決済時の予約通知です。

あとは支払い方法の表記が「カード決済」と「エージェント精算」のどちらになるのか気になるところですが、これはどちらかに統一していただきたいですね。

エクスペディアはカード決済、アゴダはエージェント精算となっていますが、(宿・ホテルにとっては)意味は全く同じなので「言葉のゆらぎ」で事務処理に混乱が起きないようにしていただけると助かります。

「言葉のゆらぎ」で要らない時間を使ってしまうことは結構多いので・・・

ということで、ブッキングドットコムの予約通知で「エージェント精算」となっている場合は、黙ってカード決済扱いとして処理してしまいましょう。

コメント