大分トリニータホームゲーム限定の回転焼き「ゆうすけ焼き」を食してみました。

グルメ
スポンサーリンク
この記事は 約1分41秒 で読むことができます。

こんにちは。「旅館・ホテルのネット宿泊予約サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

ホームゲーム第3戦目、これまでホームで勝っていない我らが大分トリニータ。

昨日の相手は前節まで首位の水戸ホーリーホックでしたが、攻撃陣が躍動して3-1と激勝でした!

ハイライトは上記動画からご覧ください。

試合当日は大分もあまりにも寒かったので、何かあったかいものを食べようとグルメブースへ。

昼ごはんは食べてきていたので、甘いものを求め「ニータン焼き(宣伝部長のニータンが焼印されたた回転焼き)」を売っているお店に並んでみました。

今年から、トリニータのエースストライカーである後藤優介選手の焼印がされた「ゆうすけ焼き」なる新しい商品が登場していたので1つ購入(写真左)。

ちなみに値段は、ニータン焼きが1個130円、ゆうすけ焼きが1個170円です。

なぜ170円とニータン焼きに比べ40円も高いかというと、ゴロッとした栗がまるごと1粒入っているからなんです。もちろん粒あんとの相性も最高。

ゆうすけ焼きを食べてしまったので、後藤選手が活躍できなかったらどうしようとか邪推していましたが、エースの存在感を発揮してしっかりと先制点をゲット!邪推は杞憂に終わりました。

ゆうすけ焼きを売っているお店は、試合開始前やハーフタイム中はいつも行列しています。ゲットできるまで辛抱強くお待ちください。

コメント