ゴールデンウィーク明けの国産サイトコントローラーメンテナンス情報まとめ

TL-リンカーン
スポンサーリンク
この記事は 約3分39秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

本日でゴールデンウィークが終わりますね。ゴールデンウィーク明けは、各OTAがサーバーやシステムのメンテナンスを行われます。

今回は、主要国産サイトコントローラー(TL-リンカーン、TEMAIRAZUシリーズ、らく通with)の管理画面で案内されているメンテナンス情報をまとめました。

※各管理画面の案内を引用しています。
※ねっぱん!は、ゴールデンウィーク明けのメンテナンス情報の案内はありません。

TL-リンカーン

日時

2019年5月13日(月) 2:00~4:30

内容や影響、注意事項など

5月1日にご紹介しましたこちらの記事をご確認ください。

TEMAIRAZUシリーズ

日時

2019年5月15日(水) 1:00~6:00

作業

データベースのメンテナンス

影響

手間いらずの全機能が停止。

予約通知について

  • メンテナンス中に発生した予約通知は、メンテナンス終了後随時取得。
  • 「Expedia」「FastBooking」「Ctrip」「Hotelbeds」「HotelsCombined」「Airbnb」「TravelClick」は、メンテナンス中に発生した予約通知が手間いらずに受信できないものがあるので、FAXやメールで配信された予約内容を確認の上、手間いらずでの在庫調整、及びPMS(ホテルシステム)等への入力が必要。
  • 予約内容を急いで確認する場合は、各予約サイトの管理画面にて。

在庫調整・料金調整について

  • メンテナンス中に予約が発生しても、手間いらずによる予約サイト管理画面への在庫更新不可。
  • メンテナンス中に予約サイト管理画面上で在庫数や料金を変更された場合、手間いらずとの差異が発生することがあるため、メンテナンス終了後に在庫数や料金設定などの設定状況の確認や再調整が必要。
  • オーバーブックの発生を防ぐため、在庫数が少ない日にちは、メンテナンス開始前に手間いらず上で手仕舞い(売止)を行うか、販売先を1社に絞ることをお勧めいたします。

予約カード印刷または予約通知印刷を利用されている場合

  • メンテナンス中は、手間いらずから予約カード(通知)を印字するために使用する手間いらず.NET予約カード印刷エージェントを『停止(自動印刷停止)』状態に。
  • メンテナンス終了後に再度『開始(自動予約情報印刷開始)』の状態に。

PMS(ホテルシステム)連動を利用されている場合

  • メンテナンス中は、PMS連動にて使用する PMS連携ファイル自動作成ツールを『停止』状態に。
  • メンテナンス終了後に再度『開始』の状態に。

らく通with

日時

2019年5月21日(火) 1:00~6:00

影響

  • サービス停止時間帯は、らく通withの利用不可。
  • サービス停止中に予約が発生した場合、各サイトでの在庫調整はサーバー側で停止することなく実施。
  • 予約情報(受信電文・宿泊票・PMS連動データ)はサービス再開後にまとめてらく通に取り込まれる。
  • ただし、予約発生のタイミングなどによって、一部の予約情報がらく通に取り込まれずにFAX等の代行出力先へ出力される場合あり。

印刷連動ツールについて

  • らく通(印刷連動ツール)は終了せず、起動した状態に。複数台利用している場合も、全てのパソコンでらく通を起動した状態に。
  • らく通を自動で再起動する場合があります。また、緊急時は、らく通サポートセンターが遠隔操作にて画面を操作することもあり。

まとめ

TL-リンカーンやTEMAIRAZUシリーズの中でも書かれていますが、サイトコントローラーのサーバーやシステムメンテナンスで在庫調整が行われなくなる場合は、販売するサイトを1社に限定しておいたほうが良いです。

なぜ1社なのか。

それは、サイトコントローラーで制御できない時間帯でのオーバーブックを無くすため。

特に、特定の客室名がついた部屋タイプを複数の予約サイトで販売されている施設様は、絶対にオーバーブックさせることはできません。

メンテナンス時間前後の手間は多少かかりますが、とにかくリスクを最小限にすることが必要でしょう。