キャッシュレスで利用できる「さいたま市コミュニティサイクル」で、さいたま市内のスポットを回ってみよう!

埼玉関連
スポンサーリンク
この記事は 約3分21秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

埼玉県には日本一がいくつかありますが、自転車保有率が数年前は日本一になるほどの、全国有数の県でもあります。

http://www.jbpi.or.jp/report_pdf/rep_jgy_181030_2.pdf
(詳しくは、一般財団法人自動車産業振興協会による「平成30年度自転車保有実態に関する調査報告書抜粋」をご覧ください。)

私も大分を離れる直前から車を手放した生活をしていて、埼玉でも車を持たず電車のみ(電車で行ける範囲)であちこち移動しています。

時々自転車で行かないといけないときもありますが、そんなときに活躍するのが、さいたま市が運営されているレンタサイクル「さいたま市コミュニティサイクル」です。

さいたま市コミュニティサイクル|自転車・レンタサイクル
さいたま市コミュニティサイクル(Saitama City Community Cycle)は従来のレンタサイクルとは違い、専用駐輪場(サイクルポート)であればいつでも、どこでも自転車を借りたり、返したりできる便利な自転車共有システムです。

さいたま市コミュニティサイクルのメリット

  • 交通系ICカードで支払い・解錠・施錠が出来る
  • モバイルSuicaやクレジットカードで支払いも出来る
  • 1日乗り放題プランのほか、通勤・通学プランもあり、数日借りたままにすることも出来る
  • 「ポート」と呼ばれる、どの自転車ステーションで借りても、他のポートに返すことが出来る

実際に利用してみました

2019年5月5日現在、さいたま市内に24箇所のポートがありますが、今回はイオンモール与野などに行くために、北与野駅前にあるポートで自転車を借りました。

こちらが北与野駅前にあるポート。中央に精算機があり、左右に施錠された自転車が並んでいます。

自転車はホイールが20インチほどでオレンジ色のボディカラー、高さは浅いですが荷物を入れるカゴも付いています。

支払いは真ん中の精算機で行いますが、解錠は自転車横に設置されてある、こちらの黄緑色の機会に登録している交通系ICカードをタッチさせて行います。

さいたま市コミュニティサイクル|自転車・レンタサイクル
さいたま市コミュニティサイクル(Saitama City Community Cycle)は従来のレンタサイクルとは違い、専用駐輪場(サイクルポート)であればいつでも、どこでも自転車を借りたり、返したりできる便利な自転車共有システムです。

さいたまコミュニティサイクルを使用するには、上記リンク先にある公式サイトの「会員登録」で、氏名・住所・電話番号のほか決済方法を選ぶだけ。

決済方法で「現金/交通系ICカード」を選び、本登録時に使用する交通系ICカードを登録しておけば、キャッシュレスで自転車をレンタルして、さいたま市内の各種スポットに行くことができます。

こんな感じで、登録した交通系ICカードでの支払額や残額が印字された領収書も印字されますので、ビジネスでコミュニティサイクルを使用しても、経費として計上することもできますね。

さいたま市コミュニティサイクルの利用料金

利用料金は以下のとおりです(料金は全て税込み)。

買い物の時など使った分だけ支払う「一時利用」

  • 基本料金/最初の30分120円
  • 超過料金/以降1時間120円
  • 支払い方法/Suica、モバイルSuica、PASMO、現金、クレジットカード

1日中時間を期にせずに利用できる「ビジター利用」

  • 料金/1日600円
  • 支払い方法/Suica、モバイルSuica、PASMO、現金
  • ※利用できるのは当日中のみ

通勤・通学などの毎日利用する場合の「定期利用」

  • 料金/月額2,900円
  • 支払い方法/Suica、モバイルSuica、PASMO、現金、クレジットカード
  • ※1回に続けて借りられるのは最大120時間まで
  • ※登録したその日から1ヶ月間

モバイルSuicaで利用することもできますので(ビジター利用は除く)、極端ですが財布を持たずにスマートフォン1つで市内を回ることも可能です。

また、使うときもビジター利用なら会員登録は不要。精算機で名前と携帯電話番号を入力し、SMSで届いたIDとパスワードを入力するだけで良いという簡易なものなので、県外からお越しになった方も利用しやすいと思います。