何もなくても状況や続報を伝えることが大事だと思った夜〜佐伯市(豊後水道)で起こった地震について

独り言・個人的意見

この記事は 約4分2秒 で読むことができます。

こんにちは。
「大分の旅館・ホテル ネット集客サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

2017年6月20日23時20分に、豊後水道で発生したM5.0(佐伯市で震度5強)の地震について。

全ての方がそうではありませんが、何か伝えようと思って煽るような情報を流したり、「地震発生!こわい!」「気をつけて!」とだけツイートしてあとは何も情報を流さなかったりする方が目につきます。

「無い知らせは良い知らせ」とは言いますが、何もないならないでそのことをはっきりと表示するのも必要だと思います。私が信頼しているフォロワーさんは、そのあたりきちんと状況を伝えてくれるのでありがたいです。と同時にホッとしました。

セブンさんがツイートしていましたが、地震発生直後に店舗に電話をかけるのはぶっちゃけ妨げになるので、そういう電話は少し時間が経った頃にするのがベストだと思います。

多くの方が避難するレベルの地震ではありませんでしたが、当人も電話を無視するわけにはいかないと思いますし、関係各所に連絡するとか、(商品が落ちてたりしたら)お店の整理をするとか、やらなければいけないことがいろいろありますからね。

あと、どこに住んでいるかわかっている間柄であれば、自分が無事なことを知らせるだけなら安易に返信しないで、「いいね!」だけ押して相手に「無事だよ」と伝えるのも手段の1つかなと思いました。

とにもかくにも、1年前のあの時のような思いはしたくないので、このまま何も起こらないことを切に願います。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.

Satoshi Hamada

はじめまして。浜田 聡(@chanhamadesu)と申します。「ちゃんはま」と呼んでください。大分トリニータとSuperflyが大好き!宿泊予約サイトの管理画面とサイトコントローラーを使い、大分・別府にあるホテル・旅館のネット集客サポートを行ってます。

PAGE TOP