別府市が翻訳デバイスili(イリー)を活用した、観光「ひと」づくりに動き出した!【TOMODACHI-CITY】

ニュース, 大分に関すること, 観光関連

この記事は 約1分45秒 で読むことができます。

こんにちは。
「旅館・ホテルの宿泊予約サイト集客サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

翻訳デバイスのili(イリー)を手掛けるログバー社が、別府市と提携して観光「まち」づくりから観光「ひと」づくりへの実践に向けたプロジェクト「TOMODACHI-CITY」を開始すると発表しました。

そのコンセプト動画がこちら。

動画冒頭から長野市長の勢い全開。本当にパワフルです。

今回のコンセプトである「地元住民が主役」「町全体で観光「ひと」づくりを作る」には非常に共感しています。

外部の方に翻訳された案内やメニューを作ってもらっても、コミュニケーションが満足に取れないと観光しづらいですよね。多くの日本人がハワイに旅行しに行く理由が、コミュニケーションが取れるということと同じことですよね。

そして、今回のプロジェクトに合わせて作られる、TOMODACHI-CITYオリジナルケースをつけたili(イリー)がこちら。


出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000007194.html

これめちゃくちゃよくないですか?

「湯~園地」と同じような黄色を採用しているのもポイント。もしかしたら、別府市のイメージカラーをこの色にしようとしているかもしれませんね。カナリアイエローというかゴールドイエローというか、情熱的でとてもいい色だと思います。欲しい!

「TOMODACHI-CITY」が今後どのような展開を見せていくか、どのように地元住民に配布して活用していくのかとても楽しみですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.

Satoshi Hamada

はじめまして。浜田 聡(@chanhamadesu)と申します。「ちゃんはま」と呼んでください。大分トリニータとSuperflyが大好き!宿泊予約サイトの管理画面とサイトコントローラーを使い、大分・別府にあるホテル・旅館のネット集客サポートを行ってます。

PAGE TOP