じゃらんnetの手数料が2019年4月1日から実質値上げに

じゃらんnet
スポンサーリンク
この記事は 約2分7秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

じゃらんnetの手数料が、2019年4月1日より8年ぶりに実質アップするという話題。各施設の皆さまにもFAXが届いていることかと思います。

簡単に言えば、計算基準額が「税抜」から「税込」になったということ。

変更前

  • 計算基準額に対して …税抜
  • じゃらんnetシステム利用料(消費税課税) … 1名利用6%、2名以上利用8%
  • ポイント付与料(消費税非課税) …2%
  • グローバル集客サービス …10%

変更後

  • 計算基準額に対して …税込
  • じゃらんnetシステム利用料(消費税課税) … 1名利用6%、2名以上利用8%
  • 販促プログラム(消費税課税) … 1%
  • ポイント付与料(消費税非課税) …1%
  • グローバル集客サービス …12%

太文字で書いている部分が変更となる部分です。

これを、1名利用で10,800円(税込)のプランを利用したとすると、

変更前

  • 計算基準額 …10,000円
  • じゃらんnetシステム利用料(消費税課税) … 1名利用6% →648円
  • ポイント付与料(消費税非課税) …200円
  • 支払う手数料 …848円
  • (グローバル集客サービスの場合 …1,000円

変更後

  • 計算基準額 …10,800円
  • じゃらんnetシステム利用料(消費税課税) … 1名利用6% →700円
  • 販促プログラム(消費税課税) … 116円
  • ポイント付与料(消費税非課税) …108円
  • 支払う手数料 …924円
  • (グローバル集客サービスの場合 …1,296円

となり、76円手数料が上がる計算になります。これが1ヶ月に数千件予約が入るようなホテルなら、かなりインパクトのある数字になるでしょう。

また、地味にグローバル集客サービス利用料も12%に上がり、ポイントも2%から1%へ変更となるようです。じゃらんnetを多様されてれるユーザーの心境や如何に…という印象です。

楽天トラベルもリニューアル後は現在のA契約・B契約がなくなって一律約10%になり、国内OTAの手数料はますます上がっていくことでしょう。

しかし、重要なのは宿泊予約サイトと上手に付き合いながら、宿泊予約サイトから自社ホームページに上手く誘導していき、手数料を少しでも抑えて利益を上げていくことだと思います。

コメント