連絡先の管理・共有・連携を効率よくしたい方におすすめ!LINEの名刺管理アプリ「myBridge」が便利だと思う3つのこと

仕事効率化
この記事は 約3分22秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

私生活ではほぼ全く電話しない私ですが、連絡相手が全員、メール・SNS・LINEだけで連絡が完結できるわけではないので、そのような場合(特に業務)の連絡では電話が欠かせません。

そうなると、連絡先の管理・共有・連携を効率良くすることが重要になりますが、そこで活躍してくれるのがLINEが作成した名刺管理アプリ「myBridge」です。

myBridge - LINEの名刺管理アプリ
撮影するだけで名刺を正確にデータ化、いつでもどこでも検索できる。 スマートフォンで、名刺を管理。myBridge(マイブリッジ)は、LINEの名刺管理アプリです。

アプリに名刺を登録しておくと、スマホに電話番号登録をしておかなくても、着信時に誰からかかってきたかわかると聞いて使い始め、だいぶ時間が経ちましたので個人的に便利だと感じていることを3点書きたいと思います。

LINEで名刺情報を共有できる

LINEが作成したアプリなので、あって当たり前と言えば当たり前の機能ですが・・・

例えば、この名刺情報を誰かと共有したい場合(以下登場するmyBridgeの画面は、公式サイトをスクリーンショットしたものも含まれます)

「名刺の伝達」という項目にLINEがあり、そちらをタップすることで情報を送信することができます。

端末に電話番号登録をしなくても、着信があると名前が出てくる。

私が最初にmyBridgeを使おうと思った理由の1つがこの機能です。

名刺情報をアプリに登録して、それとは別に1つ1つ電話番号登録するのって面倒くさいですよね。

そんなときは、myBridgeに名刺情報を登録しておけば済むので便利です。

私は基本的には行うことはありまませんが、同じ方のプライベート電話番号を登録したい場合は、別にスマホ端末に電話番号登録を行う必要があるのでそれが不満に感じられるかもしれません。

ただ、現在はSNSやLINEでつながっていればプライベートの連絡は事足りるので、myBridgeのユーザーにとってそのようなシーンや不満が起きることはあまりないでしょう。

Gmail連絡先と連携してくれる

さり気なく便利だなと思っているのがこの機能です。

myBridgeに登録している自分の名刺情報に登録しているメールアドレスが、Googleアカウントや、Gmailと連携しているメールアドレスの場合、Gmail連絡先と連携して勝手に登録してくれます。

PC用の画面で、受信メールの差出人にマウスのカーソルを合わせると、相手の情報が表示されますが、ここで表示されるのがmyBridgeで登録している情報です(アイコンもスキャンした相手の名刺)。

「連絡先を編集」をクリックすると・・・

相手の連絡先詳細が表示されますが、ここでmyBridgeというカテゴリにこの連絡先が登録されていることがわかりますので、Gmail連絡先でも相手が名刺交換をした方かどうかも確認することができます(どうやらカテゴリはMyコンタクトの中に自動生成されるようです)。

また、PCを操作しながらスマホで電話をしているとき、相手が知りたいどこかの電話番号を伝えるのにも便利ですね。

最後に

以上のメリットから、私は名刺管理にはmyBridgeを使っています。

しかし、myBridgeの欠点には1つだけ欠点があり、有名な名刺管理アプリ「Eight」と違い、相手が名刺や肩書を変えたときに名刺を入手して手動で編集する必要があります。

Eight - 名刺でつながる、ビジネスのためのSNS
名刺管理はEightにおまかせ

しかし、Eightを使って自分の名刺を登録しておき、名刺交換した相手とつながっていれば、相手が名刺を変更した場合にアプリが教えてくれるので全く問題がありません。

また、EightとmyBridgeも連携しているので、Eightのデータを取り込んでおけば問題ないでしょう。

頂いた名刺に書かれている連絡先の管理・共有・連携にお悩みの方にはmyBridgeがオススメです!

コメント