【花粉症対策】まだ耳鼻科に通っていますか?私は体質改善と市販薬で対抗しています。

2017年3月4日仕事効率化, 独り言・個人的意見

この記事は 約2分3秒 で読むことができます。

こんにちは。花粉症シーズン到来!1週間ほど前から本格的に対策している浜田です。
花粉症はもうかれこれ30年以上の大ベテラン選手並みにお付き合いでしょうか。

しかし、私は耳鼻科に行ったり、花粉症対策用の「メガネ」や「マスク」などを着用したりせずに、(完全に防げているわけでもありませんが)仕事が集中してできるレベルまでいつも高めるようにしています。
ではどうしているか・・・。

結論は単純ですが、

  1. メディカルアロマで体質改善して、ひどくならないようにする&症状を極力抑える
  2. それでも症状が出たら、市販薬で抑える。

この2つだけを実施しています。

1. メディカルアロマで体質改善&症状を抑える

JMAA(日本メディカルアロマテラピー協会)のスペシャリストである嫁から授けられた3種の神器を使用しています。

  • 鼻水・鼻づまり・鼻のムズムズ感に「ノーズケアジェル」
  • 目のかゆみに「目のかゆみ止めクリーム」
  • アレルギー体質の改善に「免疫調整ジェル」

これらを最低でも毎朝と毎晩に1回ずつ塗っています。
また、この3種を常備しておき、症状が出そうなときに必要なものを使用することで、仕事になるべく支障が出ないようにしています。

2. 症状が出たら、薬で抑える

それでも鼻水や目のかゆみが治まらないこともありますが、そのときには市販薬(ア◯グラなど)を服用します。
耳鼻科など病院には滅多に行きませんが、よほどひどいときには市販薬を頼っています。

まとめ → で、今年はどんな感じなの?

実際、昨日の大分市の花粉予報は「非常に多い」でしたが、この2つの方法で乗り切ることができました。
え?それだけって思った方もいらっしゃると思います。簡単ですよね?

私は「時間」と「コスト」をどう考えるかと考えます。

こういった知識を持つ家族が1人でも家にいれば、同じような症状を持つ方が多い耳鼻科で、苦しい思いをしながら長い時間を待つ必要がないですし、よくわからない成分のブロック注射を打ってもらう必要がないわけです。

●メディカルアロマのことが書かれている嫁のブログ
http://ameblo.jp/aroma-mimulus/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.

Satoshi Hamada

はじめまして。浜田 聡(@chanhamadesu)と申します。「ちゃんはま」と呼んでください。大分トリニータとSuperflyが大好き!宿泊予約サイトの管理画面とサイトコントローラーを使い、大分・別府にあるホテル・旅館のネット集客サポートを行ってます。

PAGE TOP