ブッキングドットコム参画施設様は、アカウント認証フォーム(KYP)の手続きを行っておきましょう

Booking.com(ブッキングドットコム)
スポンサーリンク
この記事は 約2分14秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

Booking.com(ブッキングドットコム)参画施設の皆さま、アカウント認証フォーム(以下、KYP)の手続きはお済みですか?

Booking.comがアカウント認証フォーム(Know Your Partner)の記入を求める理由は何ですか?

弊社では、様々な法的規制要件を遵守するため、各種情報の提供をお願いしています。

この認証手続きは個人で不定期にお部屋を貸し出している方を含め、すべてのパートナー施設様にご記入をお願いしています。個人で事業を行っている場合、アカウント認証フォーム(Know Your Partner)で「個人事業主」を選択すると、その後の質問内容が適宜変更されます。

Booking.com上で複数の施設を運営している場合、各施設についてそれぞれ本手続きを行っていただく必要があります。20軒以上の宿泊施設を運営されている場合に限り、1フォームのみのご記入いただければ、全施設に対して内容を適用いたします。

(https://partnerhelp.booking.com/hc/ja/articles/360001742788より引用)

ということで、KYPはBooking.com宿泊予約販売を行われる場合、必要な手続きになっています。

上記画像のように、KYPのステータスが「認証完了」となっている施設様は手続き不要です。

このKYPの手続きを行っていないと、将来的に販売ができなくなるとBooking.comのカスタマーサポート様も仰られていましたので、まだの施設様は速やかに設定しておきましょう。

管理画面右上にある「アカウント」をクリックし、その中の「セキュリティ」をクリックします。

KYPの手続きが完了していない施設様は、上記画像のように黄色い帯のメッセージが表示されています。手続きが完了すると、このメッセージは表示されません。

同じ画面にKYPの入力項目がありますので、手続きを進めていきます。

各項目の入力を行った後、最後に「以上の情報に一切の偽りがないことをここに表明します。」という項目にチェックを入れて、「認証手続きを行う」をクリックします。

行うことはこれだけです。

作業は1分もかかりませんので、Booking.com管理画面にアクセスした際は、KYPの設定状況をチェックしてみてください。

アカウント認証フォーム(KYP)を記入しなければならない理由は何ですか?