楽天トラベルのアロットメント契約が7月末で終了したことに伴い、掲載順位に影響が?

楽天トラベル
スポンサーリンク
この記事は 約1分46秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

楽天トラベルのアロットメント(提供部屋数)契約が7月31日に終了し、エリアによっては8月の掲載順位が大きく変わった施設様もあるようです。

管理画面からも、アロットメント充足率(対象期間中、契約している提供客室数のうちどれだけ提供しているかの割合)の表示が消えました。

話を元に戻します。

7月までは、旧契約でもっとも手数料が低いA契約(手数料7%)の施設様が上位表示されやすいという傾向にありました。何故かというと、それだけ楽天トラベルに客室数を提供しているからです。

それが8月からは、ビジネスホテルやシティホテルが多いエリアはA契約ばかりの施設様が多いと思いますので、大きな変動はないと思いますが、観光地エリアは提供部屋数の縛りがない分、もっとも手数料が高いC契約(手数料9%)や部屋数が少ない施設様が1ページに出現してきているように思えます。

これからは、掲載順位で上位表示される要素からアロットメントが抜け、替わりにクチコミがそれなりの比重となり、あくまで予想ですがPVや転換率も加味されるかもしれません。