iliやALIPAY決済システムを導入するなら、きっかけに「インバウンド対応支援事業」を利用してみてはいかがですか?

スポンサーリンク
この記事は 約2分9秒 で読むことができます。

今年の春節も、各地でアジアから多くの観光客が訪れたことかと思いますが、接客をされていて「こういうことができれば便利なのになあ」と感じられた方も多いと思います。

そんな宿泊施設が利用すればいいのになあと思っているのが、観光庁が募集している「宿泊施設のインバウンド対応支援事業(第三弾)」です。以下、観光経済新聞社の記事より抜粋。

 観光庁は20日、宿泊施設を対象に補助金を交付するインバウンド対応支援事業の2016年度補正予算分の支援先の募集を開始した。同事業は15年度補正予算、16年度当初予算での実施に続く第3弾。館内や客室の公衆無線LAN(Wi―Fi)の整備、トイレの洋式化などを支援する。応募締め切りは2月17日。

地域の旅館・ホテルなど5事業者以上で協議会を設立し、外国人宿泊者数や稼働率の目標などを定めた「訪日外国人宿泊者受入体制拡充計画」を策定して申請。1事業者当たり経費の2分の1(上限額100万円)を支援する。

補助対象の事業は、公衆無線LANの整備やトイレの洋式化のほか、自社サイトの多言語化、テレビの国際放送設備の整備、館内・客室の案内表示の多言語化、客室の和洋室化など。必要書類を作成して観光庁に提出。審査の上で交付先を決定する。

15年度補正予算、16年度当初予算を活用した同様の事業では、全国の約1900事業者を支援している。

既に支援を受けている事業者数は1900とのことで、利用されている施設が少ないことにかなりびっくりしました。

経費の2分の1を支援していただけるとのことですので、館内無線LAN整備のような大掛かりなものだけでなく、

  • 先日発表されたウエアラブル翻訳機のili
  • ALIPAY・銀聯なども決済できる決済代行システム(IPSなど)
  • パスポートリーダー

などの導入にも活用できますね。

申請書類を揃えるのは少々面倒くださいですが、その分多少は経費削減できるとは思いますし、何よりインバウンドを受け入れる準備をはじめるきっかけになると思います。

この機会に申請してみるだけでもいかがでしょうか。

■申請について
観光庁のこちらのページからご確認ください
■公募期間
平成29年2月17日(金曜日)17時まで

コメント