「午後の紅茶」CMロケ地、見晴台駅が鉄道員(ぽっぽや)の世界でした。

観光関連
スポンサーリンク
この記事は 約1分45秒 で読むことができます。

こんにちは。「旅館・ホテルのネット宿泊予約サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

先日、熊本城を散策した日と同じ日に、「午後の紅茶」のCMロケ地となっている見晴台駅に行くことができました。

左を見ても、右を見ても、前を見ても、後ろを見ても見渡す限り、雪、雪、雪。

まさに鉄道員(ぽっぽや)の世界そのものです。

雪が絶え間なく降り、風も強かったので、駅舎の中以外にいるときは30秒と外にいることができませんでした。

ちなみに雪が降っていないときはこんな感じとのこと。

偶然にも中松行きの最終電車に遭遇することができました。この雪の中、運行された南阿蘇鉄道の皆さんに感謝です。

名物のトロッコ列車が3月11日より運行を開始されるようですので、またそのときに来ることができればと思います。

記念に駅舎の外にある自動販売機で「午後の紅茶」を買おうとしましたが、全く小銭が認識してもらえませんでした。投入口から雪が入り込んでいたのでしょうか。

お釣りが出てくるところにも雪が入り込んできて、小銭を取り出すのも一苦労・・・。

少し離れたところにある、阿蘇の景観に合わせたローソンに寄ってもらったので、ここで午後の紅茶を購入。

ちなみにここのローソンは内装も天井が高く、大きな梁があって、まるでログハウスのような造りになっています。

南阿蘇に行かれた際は、是非ここにも立ち寄ってみてください。

コメント