無料分析ツール「PONY」を使ってInstagramのフォロワーを増やそう!

Instagram
スポンサーリンク
この記事は 約4分7秒 で読むことができます。

こんにちは。Instagramでは大分のいいところ、モノ、コト、食べ物を中心に投稿している浜田です。

Instagramを使いはじめの方や、ある程度使っている方の中で、

・どんな画像を投稿すればいいかわからない
・ある程度使っているけど、フォロワー数やいいねが増えない
・どんなハッシュタグを使えばいいかわからない
・Instagramを使ってもっと多くの人に魅力を伝えたい

という方はいらっしゃらないでしょうか。かくいう私もそんな中のひとりです。
今回は、Instagramを上手に使いたい方に参考にしていただきたい、無料で使える分析ツール「PONY」のご紹介です。

PONYとは

PONY(ポニー)は無料で使えるインスタグラム・スナップチャットの診断ツールです。現状の数値を把握するだけでなく、アカウントの弱点を項目別に洗い出し、改善点を提案する、
本気でインスタグラムやスナップチャットをマーケティングチャネルとして活用していく人のための分析ツールです。
インスタグラムアカウントさえあれば、パソコンでもスマホでも使えます。

出典:http://beta.ponyapp.jp/

というツール。この分析ツール、すごいです。

何がすごいかっていうと、無料なのに「自分が持っているInstagramアカウントが何をすべきか」を教えてくれるところ。そして、PONYユーザーがツールを使いはじめてから「85%のフォロワーが増加」しているというところです。

PONYには6つの機能がありますが、今回はInstagramを使うときにやるべきことがわかりやすく書かれている「項目別分析」という機能をピックアップして、私の現在のスコアを元にご紹介いたします。

各項目でどんな評価とアドバイスが書かれているか?

スマートフォンで「項目別評価」を表示したときの画面です。説明書きのあとに、PONYスコアとS~Fランクまででランクづけられたアカウントの評価が表示されます。ひと目見ただけでどの項目が弱いかわかりやすいですよね。

影響力をピックアップしてみました。私の現在の数値は「B-」判定で、真ん中より下あたりの中途半端な位置。まだまだですね。

そして、評価の補足文で「Bに上げる目安は、フォロワー382人増やして、平均いいね数を135%向上させることです。」と明確な目標を掲げてくれています。Instagramでもっと目立ちたい方にとっては、わかりやすい指標となっていますね。

また、「フォロワーを増やすには、自分と似ている趣向の人を積極的にフォローしてみるのもおすすめです。」というアドバイスもありました。

次に「潜在影響力」の項目です。

ここの補足文では「Sに上げる目安は、画像や投稿文などの投稿のクオリティを上げること」というアドバイスが書かれています。レベルの高い画像を載せるのは当然ですが、「チェックインやハッシュタグ、投稿文の工夫」がワンランク上に行くためには必要と教えてくれます。

次に「成長力」の項目です。

ここの補足文では「Bに上げる目安は、投稿に対する平均いいね数を135%上げること」と書かれています。フォロワーでない方で、どんな人に見て欲しいかを意識する必要がありますね。

人気投稿がどんな投稿をしているかを見ることもできるので、とりあえずマネをしてみればいいんじゃないでしょうか。上達するにはまずをマネをしろってよく言いますし。

次に「運用力」の項目です。

ここの補足文では、「A+に上げる目安は、1日2回以上、とくに金曜日の11時~12時に投稿すること」と、「いつ、どれくらいの投稿をすべきか」が書かれています。

さらに自分のフォロワーがInstagramをよく見ている時間帯も教えてくれるので、ここで表示された時間帯を狙って投稿すると良さそうですね。

最後に、最も評価が低かった「拡散力」の項目です。

ここの補足文では「C-にあげる目安は、フォロワーでない人にも伝わるよう、ハッシュタグやチェックインを活用すること」と書かれています。ハッシュタグ+チェックインの組合せがフォロワーが増える要素であることはわかっていたのですが耳が痛いですね。。。

反応の良かったハッシュタグが書かれていますが、ここには「いままでの投稿の傾向に基づいたおすすめのハッシュタグ」がアドバイスで表示されるといいなと思いました。

まとめ

この5項目を眺めるだけでも、自分がInstagramで投稿するときに、どんな工夫すればよいかが見えてきそうです。

フォロワー数やいいねを増やすことがゴールではありませんが、PONYのスコアが1つでも良くなるのを楽しみにしながらInstagramを使うのもありだと思います。

PONY

コメント