何はともあれLCCはまず増便を・・・大分県とジェットスターが全国初となる包括連携協定を締結

交通情報
スポンサーリンク
この記事は 約1分54秒 で読むことができます。

こんにちは。
「大分の旅館・ホテル ネット集客サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

東京出張に行くときには、時間に余裕があればジェットスターを使おうと思っていますが、現状は出張の内容と相性が悪すぎて全く縁がありません。

そんなジェットスターですが、2017年7月19日に大分県と全国では初めてとなる、国内LCCと地方自治体との連携協定を締結されました。

たまたま地元のニュース番組で、ジェットスター・ジャパンの片岡会長がインタビューを受けているのを拝見しましたが、やはり最大の武器である低価格運賃をフックにして「現地までの交通費を抑えて、現地で消費してほしい」という狙いがあるようですね。

しかし、いかんせん最大のネックは便数の少なさ。

ただでさえ経費は極力抑えられたほうがいい世の中。1日2往復では、日帰り出張するときに往復ともジェットスターを使うのはとても難しいです。

大分空港時刻表

これは外国人旅行者の誘客でも同じことが言えますが、便数が少なくてはLCCを使いたくても使いようがありませんし、行動が制限されてしまいます。

結果、レジャーでもビジネスでも「行動を優先」した場合、便数の多いJALやANAなどのFSC(最低でもソラシドエア)を選択せざるを得ません。

今回のプレスリリースでは掲載されていませんが、1人でも多くの方に大分県へ足を運んでいただくため、まずは便数を増やしていただくことを切に願います。

ジェットスター・ジャパンのプレスリリースはこちら

大分県とジェットスター・ジャパン 包括連携協定を締結

コメント