これまでもこれからも進化するには「立ち止まらず、共有して、磨き上げていくこと」が必要→宿泊業界に置き換えると?

独り言・個人的意見
スポンサーリンク
この記事は 約3分17秒 で読むことができます。

こんにちは。
「旅館・ホテルの宿泊予約サイト集客サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

昨日は中津文化会館で開かれた、堀江貴文さんの講演会に行ってきました。

MosaicやNetscapeの時代から見ていたオン・ザ・エッヂ時代のサイトが大好きだったので、それらを作り上げてきた人が目の前にいることにまず感銘を受けましたね。

これからの世の中をどうやって生きていくかということが主軸でしたが、その背景にある現在まで続くコンピューターやインターネットの歴史に関する話の割合が多かったので、会場は別の意味で圧倒されていたんじゃないでしょうか。

講演会に関する感想などは、一緒に行った奥さんのゆかっち(@aroma_mimulus)が全部言ってくれていますので、私は宿泊業界に関連付けて考えてみました。

今の世の中を生きていくための基本的な考え方は、

・立ち止まらない(現状で満足しない)
・共有する(所有しない、独り占めしない)
・みんなで磨き上げる

ということ。これを宿泊施設に置き換えて考えると、

・旅行会社やOTAからの送客に満足せず、増益して会社や社員へ還元するために自社サイトにシフトする
・ますます激しくなる業界の動きを社内外でいち早く共有する
・宿泊業界が提案する取り組み・機能に対応し、自施設や地域で工夫する

ということを愚直にずっと続けていくことが大切だと感じました。

そのようなことを考えていたら、その日のうちにReluxがAirbnbと提携するというニュースが飛び込んできました。

ほんの少し前まで民泊の宿泊予約サイトというイメージだったAirbnbが、普通の宿泊予約サイトに変わりました。この話題こそ、ものすごいスピードで変わっていっている今の世の中を示しているのではないでしょうか。

コメント