1000円台で中津の鱧を気軽に食べよう!和風味処鬼太郎(中津市豊田町)さんの元祖・鱧かつ丼

おすすめスポット, グルメ, 大分に関すること

この記事は 約2分30秒 で読むことができます。

こんにちは。
「旅館・ホテルの宿泊予約サイト集客サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

先日、堀江さんの講演会を聴きに行ったついでに、「中津といえばやっぱり鱧」ということでランチに鱧を食べてきました。

訪れたのは、講演会場の中津文化会館から徒歩6~7分ほど近い場所にある「和風味処 鬼太郎」さん。JR中津駅からもほぼ直進して徒歩5~6分ほどの好立地にあります。

あとで合流した中津出身のちゃんばば(@relax_massagebb)から「正解だったねー」と言われるくらいだったので、中津での初ランチとしては正解だったと思います。というか、はじめからちゃんばばに聞けばよかった・・・。

混むことも結構あるらしい(かつ、料理が出るまでそこそこ時間がかかる)ので、待つのを覚悟していましたが、運良く空席があったので座ることができました。

この日のお目当ては、事前にチェックしていた「元祖・鱧かつ丼」(1,080円)と「鱧しゅうまい(3個入)」(580円)。

待つこと15~20分ほどでついに登場!絶対美味しいと確信できるビジュアル。

カツ丼や牛丼など、ご飯に何かをかける料理が好きな私にとっては夢のような一品です(ちなみに白ご飯にホワイトシチューをかけて食べるのも好き)。

鱧は当然のごとく骨を感じることなく食べることができて、衣をまとった白身はあっさりふわっふわ。卵もトロットロで丼つゆも上品!トンカツが単品でメニューにあったので、普通のカツ丼も食べてみたいなと思うくらいのレベルでした。また、ご飯が少なめなので女性も食べれるサイズです。

鱧しゅうまいは、真丈を細く刻んだしゅうまいの皮で包まれていたのですが、やわらかく仕上げるために入れられているつなぎのおかげで、こちらもふわっふわ!マシュマロを食べているような感覚でした。魚介類のすり身が苦手な私でも抵抗なく食べられましたよ。

ということで合計1,660円と1,000円台で鱧を堪能することができました。

中津と言えば唐揚げですが、高いイメージのある鱧も気軽に食べることができますので、中津を通られる際は、中津市内の鱧料理を扱っているお店にお立ち寄りください。

また、2017年10月31日まで開催されている「はもフェア」では、1,000円以上のお食事でスタンプ1個をもらって応募すると豪華景品がもらえるキャンペーンも行われています。こちらも合わせてどうぞ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.

Satoshi Hamada

はじめまして。浜田 聡(@chanhamadesu)と申します。「ちゃんはま」と呼んでください。大分トリニータとSuperflyが大好き!宿泊予約サイトの管理画面とサイトコントローラーを使い、大分・別府にあるホテル・旅館のネット集客サポートを行ってます。

PAGE TOP