片道7時間、運賃13000円!〜芦原温泉、金沢へ「大人の修学旅行」に行ってきました(ハイライトその1)

独り言・個人的意見
スポンサーリンク
この記事は 約2分29秒 で読むことができます。

こんにちは。
「旅館・ホテルの宿泊予約サイト集客サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

川嶋君(@maidokawashima)と湯布院にある某お宿のH社長にお誘いをいただき、9月12日〜14日の2泊3日で、芦原温泉と金沢に大人の修学旅行に行ってきました。

今回は北陸旅行ハイライトその1です。

まず大分空港から伊丹空港までANAのボンバルディア機で移動。

かなり早めに航空券を購入しましたが、片道1時間弱のフライトで6,300円とかなりリーズナブルでした。

航空券は安い路線ですが、機内のドリンクサービスもちゃんとあります。

このタイプの飛行機は揺れることが多いとも聞いていましたが、行き帰りともにそこまで揺れることもなく快適なフライトでした。

伊丹空港は住宅地や商業地の中にあるので、その真上を通って滑走路に降り立ちます。

事前の天気予報では、12日は関西や北陸方面は雨マークだったのですが、なんとか天候もギリギリ持ちこたえてもらえました。3日間通して天気がよかったので良い旅を過ごすことができました。

新大阪駅から特急サンダーバードに乗って芦原温泉駅まで行くため、空港バスで移動。20分間隔で片道500円で利用することができます。

新大阪駅から特急サンダーバードで移動。

片道6,000円くらいと飛行機とあまり変わらない運賃。JR九州のようにおトクに往復できる2枚きっぷ(同じ2時間くらいで移動する大分〜博多間なら指定席でも往復で6,180円)もなく、JR西日本は運賃が高いなあと思いました・・・。

車窓から生まれて初めて琵琶湖をガッツリ見ることができました。日本一はやっぱりいいですね。

少し揺られながら芦原温泉駅に到着。

「ちはやふるといえばあわら市(主要登場人物があわら市出身の設定)」ということで、ちはやふるの歓迎看板が大きく掲示されていました。

ちはやふるweek in あわら

上記サイトでも紹介されていますが、福井県は競技かるたの優勝者を多く輩出している「かるた王国」ということを今回初めて知りました。

駅で歓迎看板を掲げられていた送迎バスのドライバーさんの運転で、今日の目的地である「グランディア芳泉」さんを目指します。

道中、芦原温泉や福井のことに関すること(コシヒカリが新潟ではなく福井発祥の品種とか)を説明していただきながら、楽しい時間を過ごすことができました。

この並木道も左右が田んぼに挟まれていて、樹木がキレイに整えられている良いスポットですよ。

そんなこんなで家を出てから片道約7時間、運賃13,000円ほどかかって「グランディア芳泉」さんにやっと到着。

さて、くつろぎの時間の始まりです。続きはまた後日。

グランディア芳泉

コメント