宿泊者もホテルも有効に時間を使うためのツールは今後必須になる

独り言・個人的意見
スポンサーリンク
この記事は 約1分52秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

昨日東京で、羽田空港と京急蒲田駅に近い「リリーフプレミアム羽田」というホテルに宿泊したのですが、そこの客室にあった設備が秀逸でした。

手に取って少し操作してみましたが、「あー、こういうツールがあるのが当たり前になるよなー。」と感じました。

宿泊者にとって「何か問い合わせをするためにフロントに連絡をする」というのは実はとても苦痛です。

宿・ホテルの立場なら「そのためにフロントがあるんだし、そんなことないでしょ?」と感じるかもしれませんが、逆に宿泊する立場ならどうでしょうか?

部屋にいながら用事が済むことをわざわざフロントに内線しますか?

部屋から外に出ても解決しなかったら、時間を使ってストレスを溜めるだけになってしまうかもしれませんよね。

逆に宿・ホテルも同じです。

客室に書いてある案内を見ればわかるのに、宿泊者から内線が入ったら「そんなことで内線しないで」と思いませんか?

コンシェルジュなどに就かれている方は別ですが、大抵の場合はそのために時間を使ってストレスを溜めることでしょう。

handyなどのホテル向けモバイル端末や、triplaaなどのAIチャットボットなど、それらの問題を解決できるツールはいろいろあります。

ツール一例
handy
タッチコンシェルジュTM
triplaチャットボット
トリップAIコンシェルジュ
Bebot

宿・ホテルにとっては、時間こそ最大のコスト。

こういったツールで自分たちの時間を上手く使いつつ、お客さまの時間を大切にすることが今後ますます必要だと思います。

コメント