初栃木!初宇都宮餃子!宇都宮駅周辺の餃子屋さんに行ってきました

独り言・個人的意見
スポンサーリンク
この記事は 約2分52秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

埼玉県に引っ越してきたにも関わらず、1度も行ったことがない栃木県。

いつかは本場で宇都宮餃子を食べようと思っていて中々実現できないでいましたが、その日の朝に「よし行こう!」ということが決まり、1時間ほど湘南新宿ラインに揺られて家族で宇都宮駅まで行ってきました。

まずは降りるやいなや、宇都宮駅前(西口)2階の広場にある餃子像で記念写真。

駅周辺には180度見渡す限り、宇都宮餃子に関するPRや看板が貼られていました。

1軒目は「宇都宮餃子といえば」の「宇都宮みんみん」さん。

その中でも、ググってみると比較的行列も少ない穴場と書かれていた「ホテルアール・メッツ宇都宮」さん内の3階にあるお店に行ってきました。

初めてなので「焼・揚・水」の3種類を全て注文。

皮は薄め、中に入っている餡も少なめ、味もあっさりしていて、いくらでも入っていくタイプです。

色々なお店の餃子を食べてみたいのでこれで退散。

2軒目は、ホテルアール・メッツ宇都宮さんから徒歩0分、宇都宮駅ビルパセオの1階にある「味噌と餃子 青源」さん。

元々味噌の製造メーカーだからこそ提供できる味噌ダレがたっぷりかけられた餃子はビールが進みます。こちらも餡がぎっしり入っているタイプではありませんでした。

3軒目は電車から降りたときに1番最初に目に入った、「宇都宮餃子館 東口駅前イベント広場店」の敷地内にある「健太餃子」さん。

変わり種で海老餃子を注文。外側からの見た目はわかりませんが、結構「海老感」があります。

他店のノーマルな餃子に比べると少し値段は高めでしたが、これだけ海老感があったら満足度も高めです。

このお店は他にもシソ餃子やどんこしいたけ餃子などがあり、これらを含む色々中身が楽しめるセットを注文するのがいいかもしれません。

最後はまた西口に戻って「餃天堂」さんへ。

ここが1番待ち時間が長かったです。15時過ぎから列に並びましたが、お店に入るまで1時間ほど待ちました。

運良く涼しい日だったのでよかったものの、ちょっと前の真夏日や猛暑日だったらもう放棄しているレベルです。

ここで注文したのは、モチモチの皮で包まれた焼餃子と、同じくモチモチの皮にほうれん草を練り込んだ水餃子がそれぞれ3個ずつ食べられる「3・3セット」。

水餃子は、直接餃子にしょうゆ・酢・ラー油を好みの量をかけて食べるスタイル。焼餃子はマヨネーズと七味唐辛子をつけて食べるという珍しいスタイルでした。

個人的には回った4軒の中では、お店は狭いしかなり待ちましたが餃天堂さんが1番好きですね。

まとめ

今回は4軒回って全部で5,000円ちょっとぐらいで収まりました(アルコールやドリンクも含む)。宇都宮餃子はとてもリーズナブルですね。

宇都宮では、餃天堂さんの3・3セットのように、いろいろな餃子の食べ歩き・食べ比べができるように、ボリュームを抑えたお得なセットを販売しているところが多くありました。

今回は駅のまわりしか回ることができませんでしたが、次回訪れたときには駅から離れたお店にも行ってみたいと思います。

コメント