2018年10月1日から一休.comでTポイントを使う貯めるが可能に!旅行やポイントで被災地の支援もできます!

一休.com
スポンサーリンク
この記事は 約1分52秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

親会社であるYahoo!Japanが運営する「Yahoo!トラベル」ではTポイントを貯めることができていましたが、一休.comでも2018年10月1日からTポイントを貯めたり使えたりするようになりました。

概要

  • 対象者は、Yahoo! IDでログイン中のユーザーです(一休IDでログインしたユーザーは対象外)
  • 既に一休ポイントを保有しているYahoo! IDログインユーザーについては、2019年9月末まで、一休ポイントも選択して「貯める/使う」ことができます。
  • 即時利用(今すぐポイント割)も利用可能です。
  • ユーザーの会員ランクに応じたポイントも付与対象となります。
  • 施設原資ポイントも対象になります。

利用サイト

  • 一休.com、一休.com ビジネス、一休.com キラリト、一休.com バケーションレンタル
  • 一休.com レストラン
  • 一休.com スマートフォンアプリ、一休.com ギフト、一休.com スパ、一休.com 海外は対象外

注意点

  • 景品表示法の観点より、T ポイントの場合は付与率の上限は 20%になります。
  • 現地決済の場合最大 19%、事前カード決済の場合最大 20%
  • 20%を超えた分は、基本的に施設原資ポイント料率から削られます。

ということで、これまでの一休ポイントと同じように、すぐに宿泊料金を割り引くために利用できるだけでなく、他店舗で使用するために貯めたりすることができます!

Yahoo!Japanのアカウントでログインすると、こんな感じでTポイントを使ったり貯めたりことができますが(一休ポイントの取扱も可、ただし併用は不可)、

他のアカウントでログインすると、このように一休ポイントの即時利用や蓄積しかできません。

宿泊予約サイトを通したTポイントの汎用性が拡大しましたね。

貯まったTポイントは災害の募金にも使用することができますので、被災地の方々を旅で応援するだけでなく、ポイントで支援してみてはいかがでしょうか。

コメント