マップルトラベルでお馴染み「昭文社」の人員削減ニュースに思うこと

宿泊予約WEB販売
スポンサーリンク
この記事は 約2分3秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

私たち宿泊業界では「マップルトラベル」としてもおなじみの、地図の「昭文社」さんが希望退職を募集するというニュースが本日ありました。

私が服を買うときは、楽天市場かユニクロ(GU)か無印良品のどれかで決まってしまっていて、ZOZOSUITを注文したにも関わらず、未だにZOZOTOWNで買うという選択肢はありません。

自分が求めている服が買えるかどうかの安心感とか、使用するアプリの優先度の問題だと思いますが、やっぱり3つのうちのどれかになります。

ユーザーや予約流通額を増やすには、「自分の中の定番に入れてもらえる人をどれだけ増やすか」にかかっていると思いますし、定番に入らないと利用してもらえないどころか忘れられてしまうので、どうやって忘れられないようにするか、定番にしてもらえるようにするかを常に考えないといけません。

もちろん、これはお宿自体にも同じことが言えます。いつも気にかけてもらえる宿にしていきたいですね。

コメント