【おそらく最速レビュー】大江戸温泉物語別府清風に行ってきた!その3(温泉)

2017年8月2日大分に関すること, 宿泊施設

この記事は 約2分12秒 で読むことができます。

こんにちは。
「大分の旅館・ホテル ネット集客サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

宿泊レビューその3です。

その1はこちら → 【おそらく最速レビュー】大江戸温泉物語別府清風に行ってきた!その1(チェックイン~客室到着)
その2はこちら → 【おそらく最速レビュー】大江戸温泉物語別府清風に行ってきた!その2(夕食バイキング)
その4はこちら → 【おそらく最速レビュー】大江戸温泉物語別府清風に行ってきた!最終回(朝食バイキング)

別府といえば温泉!ということで、どんな泉質の温泉かというのも、別府で旅館やホテルを選ぶときの楽しみの1つですね。

ここの大浴場の温泉は弱アルカリ性の炭酸水素塩泉。「トロリ、しっとり」とした肌ざわりが特長の、いわゆる「美肌の湯(または美人の湯)」と呼ばれるタイプの温泉です。

大浴場や露天風呂の写真、詳しい情報はこちら

個人的には慣れ親しんでいる温泉なので、入った瞬間に「あ、いつものやつだ。」ととても安心できる泉質でした。

そして何よりいいのは、洗い場と大浴場が分かれていること。これがかなりポイント高いです。洗い場で髪や身体を洗う音や、洗面器の音を気にせず静かに温泉が楽しめるので最高でした。

あと、乳幼児の身体を洗うためのグッズも置いてあり、小さい子どもを持つ家族への応援がここでも垣間見ることができました。

では最後に、誰もいない露天風呂をThetaで360度写真を撮りましたのでご覧ください。

次回は最終回。朝食バイキングのことについて書きます。

その1はこちら → 【おそらく最速レビュー】大江戸温泉物語別府清風に行ってきた!その1(チェックイン~客室到着)
その2はこちら → 【おそらく最速レビュー】大江戸温泉物語別府清風に行ってきた!その2(夕食バイキング)
その4はこちら → 【おそらく最速レビュー】大江戸温泉物語別府清風に行ってきた!最終回(朝食バイキング)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.

Satoshi Hamada

はじめまして。浜田 聡(@chanhamadesu)と申します。「ちゃんはま」と呼んでください。大分トリニータとSuperflyが大好き!宿泊予約サイトの管理画面とサイトコントローラーを使い、大分・別府にあるホテル・旅館のネット集客サポートを行ってます。

PAGE TOP