2019年ラグビーワールドカップ出場国のキャンプ地が決定!

宿泊予約WEB販売
この記事は 約2分14秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

2019年ラクビーワールドカップのキャンプ地が先日発表されました。

大分県内のキャンプ地は以下のとおり。

引用:http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/04/20/130845756

大分市:フィジー、ウルグアイ
別府市:ニュージーランド、オーストラリア、ウェールズ、敗者復活予選優勝チーム

特に強豪国として認知の高いニュージーランド、オーストラリアがキャンプを張る別府市は宿泊予約の人気が高くなりそうですね。

他の都道府県を見てみると九州圏内では、

福岡市:イタリア、アメリカ、ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ勝者
北九州市:ウェールズ
春日市:アイルランド、敗者復活予選優勝チーム
長崎市:スコットランド
島原市:トンガ
熊本市:フランス、トンガ、ウェールズ、ウルグアイ
宮崎市:イングランド

と、7都市に10カ国の代表チームが訪れ、熱い練習風景を見ることができそうです。

Rugby World Cup 2019

出場国のキャンプ地一覧については、ラグビーワールドカップの公式サイトに記載されていますので、そちらを確認するとよいでしょう。

本大会開幕まであと1年と5ヶ月もありますが、開催都市の中には、数こそまだ少ないですが既に宿泊予約をインターネット受け付けている宿・ホテルもあるようです。

ホテルの宿泊予約を検討の方も、宿泊予約の受入を検討している宿・ホテルの方も、これから目が離せませんね。

コメント