20数年ぶりのライオンズの試合を観に、メットライフドームへ行ってきました。

埼玉関連
スポンサーリンク
この記事は 約2分50秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

今日は所沢市にある「メットライフドーム」に行ってきました。

私は「秋山・清原・デストラーデ」の頃からの埼玉西武ライオンズのファンですので、埼玉に引っ越してきたから1度は行ってみたいと思っていましたが、チケットが取れたので遂に行くことができました。

遠回りで時間もお金も少しかかりますが、池袋駅まで1度出て、西武池袋線の西武球場前駅行き(準急行)に乗りメットライフドームを目指していきます。

10時40分の電車だと、何も考えずに西武狭山線に直通でまっすぐ行けるので便利です。

西武球場前駅に行く時刻の車両は、ネイビーでライオンズのロゴがあしらわれているかっこいいラッピングがされていました。

車両の中もライオンズ一色です。さすが西武鉄道!

50分も乗車時間がありましたが、見慣れない景色を見ていたので飽きませんでした。

下車後、ホームを通り改札を抜けると・・・

すぐにいろいろなブースとメットライフドームが目の前に現れます。郊外にこそありますが、球場に公共交通機関から徒歩0分でアクセスできるのは最高です!

入場前に娘用にグッズを購入しました。

マスコットキャラクターのレイナがプリントされたピンク色のメッシュキャップと、ユニフォームを着たリラックマのキーチェーンです。

キーチェーンのほうは、娘がいつもリュックにつけているトリニータバージョンとお揃いにすることができました。

三塁側は横並びで3席空いているところが他になかったため、今日は内野側一塁側に。

早速着席して、ライオンズパッケージの紙コップに入った生ビールで乾杯。あと、ここの一塁側で販売されている「宮木牧場」さんのローストビーフ丼は結構美味しかったです。

この日は、ライオンズファンを公言されている仮面女子の猪狩ともかさん(とメンバーの皆さん)が始球式に登場。

事故に遭ってからは私には想像もつかない日々を送られてきたと思いますが、1日も早く自分の足で歩いてパフォーマンスができるよう祈念しています。

この日は大分出身の源田選手を特に応援しました。打撃は4打数2安打1盗塁、そして安定した守備でチームに貢献していました。

あと、呉念庭(ウー・ネンティン)選手が代打で今季ホーム初打席で登場したんですが、レフトスタンドからブーイングみたいなのが聞こえたんですけど、あれは名前にかけて「ウーイング」という「ウー」コールをしていたんですね。

何も知らない方が聞いていると、「なんでこの選手は味方にブーイングされているんだろう?」と勘違いされますよね…。

試合は6対2でライオンズの勝利!20数年ぶりに観た試合で勝つことができて最高でした。

最後に、今日の最高気温は32度で、風も少しありましたが、ドーム内は通気性があまりよくなく汗をたくさんかきましたね。少し高い土地にあるところやドームの構造などが、トリニータの本拠地・大分銀行ドームに似ていて、暑さ寒さや汗対策は必要です。

また、機会があれば行くことができたらいいなあ。リーグ優勝、日本シリーズ優勝に向けてがんばれライオンズ!

コメント