【2019年J1第11節】子連れの家族が1日楽しめるスタジアムでした(湘南ベルマーレ戦)

大分トリニータ
スポンサーリンク
この記事は 約4分53秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

2ヶ月半ぶりにトリニータ観戦。対戦相手は元大分の梅崎選手がいる湘南ベルマーレ。ということで初めての平塚です。

自宅から平塚へは上野東京ラインに乗って1本なので、比較的ラクにアクセスすることができます。

平塚駅前のロータリー11番乗り場から出ているシャトルバス(大人180円、子ども90円)に乗って、湘南のホームスタジアム「Shonan BMWスタジアム湘南」へ。

スタジアムのまわりは公園のような感じでとても広々。

シャトルバスを降りるとすぐバラ園が目の前に広がり、今がちょうど時期のバラの大輪が咲いていました。

スタジアムグルメも豊富で、公園入口すぐの場所から100m以上の距離に様々なお店が。

湘南らしい「しらす」などの海鮮丼、肉料理、焼きたてピザなどが所狭しと並んでいて目移りします。

今日は日差しがとても良く、少し暑かったのも手伝ったこともあって、あちらこちらで試合前の決起集会(酒盛り)が行われていました。

歩いている間に梅崎選手ののぼりを発見。

水に触れ合える場所もあって、今日のような暑い日にお子さまには嬉しいですね。

試合が始まる前でも、お子様連れの家族をはじめ老若男女問わず楽しめるスタジアムですが、年齢層は年配の方や子どもは大分に比べるとそんなに多くない印象です。

スタジアムは元々陸上競技場なのでフィールドのまわりはトラックがあります。

観客席からゴールまでは少し距離があり、傾斜もなだらかなため、ゴール裏だと少し見づらい感じ。

ゆっくりと全体を観ながら過ごしたい場合は、メインスタンドやバックスタンドのチケットを買われるとよいと思います。

もちろん、先日紹介したトリニータのスポンサー・九州乳業さんの「トリスポ」も持参。

九州乳業株式会社オンラインショップ
九州乳業株式会社のオンラインショップです。 

今日は最近好調なオナイウ阿道選手の背番号「45」を付けて。

試合は藤本選手が得点ランキングトップに並ぶシーズン7点目のゴールで、苦手の湘南に勝利!LT(LOVE TRINITA)ポーズもできて大満足の1日でした。

トリニータは11試合目で7勝目で3位をキープ。

次回の現場観戦予定は、6月1日に味の素スタジアムで開催されるFC東京戦。現在無敗のチームを慌てさせる片野坂サッカーが観たいですね。