観光スポット=有名な場所だと思っていませんか?あなたにも「自分が好きな場所・モノ」はあるはずです!

おすすめスポット, 大分に関すること

この記事は 約2分20秒 で読むことができます。

こんにちは。
「大分の旅館・ホテルネット集客サポーター」浜田(@chanhamadesu)です。

私が「生き別れの双子のアニキ」と称している、佐伯市の日本茶ソムリエ「はま茶ん」さんがこんなことをつぶやかれていました。

観光するとこが特にない???

本当に観光スポットがなくても、旅行者の行動拠点であるホテルにいる人間が、1番言ってはいけない言葉です。もっとも、この方(ホテルマン)はもしかしたら「佐伯の自慢できるもの=有名なもの=魚・寿司だけ」としか思っていないのかもしれませんが。

たとえば、リアス式の海岸線をドライブするのもアリですし、海崎にある造船所を外から見るアリですし、川幅の広い番匠川へ涼みや釣りに行くのもアリですし、城山の頂上から佐伯市街地を一望しに行くのもアリです。

幼稚園とか小学生の頃、佐伯市に住んでいたときは、城山によく登りました。

一言で「佐伯」と言ってもものすごく広いですから、見てほしいところはいっぱいあるはずです。

地元の方にとってはド定番だったり身近なものであっても、外から訪れる方にとっては知らないことばかりです。着地型観光という言葉があるように、「地元のことは地元の人に聞こう」という方も少なくはありません。

そんな方に対して「観光するとこが特にない」と言ってしまうのは、自分が住んでいるところに誇りを持っていないのと同じです。

たとえそこが派手な観光スポット(=有名なところ)でなくても、せめて「自分が好きな場所・モノ」や「写真に撮ってほしい場所・モノ」を伝えること。それが地元の人間がやるべきことではないでしょうか。

佐伯にも、いい場所がこんなにいっぱいありますよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

The following two tabs change content below.

Satoshi Hamada

はじめまして。浜田 聡(@chanhamadesu)と申します。「ちゃんはま」と呼んでください。大分トリニータとSuperflyが大好き!宿泊予約サイトの管理画面とサイトコントローラーを使い、大分・別府にあるホテル・旅館のネット集客サポートを行ってます。

PAGE TOP