【大分を離れる前に食べておきたいグルメ】大分とり天の名店「美味なかよし」(大分市東春日町)

グルメ
スポンサーリンク
この記事は 約2分0秒 で読むことができます。

こんにちは。浜田(@chanhamadesu)です。

引越しの日が近づくにつれ、なるべく時間を作って「大分を出る前までに行けばよかった」ということがないようにしていますが、昨日は大分市とり天の名店「美味なかよし」さんに行ってきました。

大分県立美術館(OPAM)から徒歩3〜4分の距離にあるので、OPAMに行く前後にとり天を食べたい場合に絶好のロケーションです。

営業は、土日祝の11:30〜14:00のみ。客席はカウンターが5席、テーブル席が16席ほどの小さめのお店です。

また、オフィスが多いロケーションのため、働いている方ですぐに満席になるので、開店時間より少し前に到着するようにしておいたほうがよいでしょう。

注文して15分ほど待っていると到着しました。とり天定食はごはん・みそ汁・小鉢・漬物がついて700円。とり天を大盛りにすると950円です。

予定していた人数分を揚げていたようなのですが、最後に準備していた私の分のとり天は量が足りなかったらしく、お母さんがあとで揚げた中から足りなかった個数を追加でいただきました。

こういった心意気やお母さんの人柄も、このお店が長く人気がある理由ですね。

しっかりと味付けされたもも肉を温度の違う油で揚げているため、衣はカリッ、中はジューシー。これぞ「ザ・とり天」と言える安心できる味です。

また、つけダレが少しピリ辛になっているため、とり天を食べるときには大抵つく練りがらしがこのお店にはありません。

つけダレがからしがなくてもとり天の旨味を引き出してくれますので、間違ってもこのお店で「からしは?」なんて無粋なことは言わないほうが良いでしょう。

あまりの美味しさにとり天ばかり食べてしまいがちですが、ごはんはどんぶり1杯くらいの量がおひつに盛られているので、とり天1個に対して何回かごはんを口に運ばないと食べ終わりません。

電話番号:097-534-2234
住所:大分県大分市東春日町10-1
営業時間:11:30~14:00
定休日:土日祝
支払い方法:現金のみ
席数:21席(カウンター席5席、テーブル席16席)
禁煙・喫煙:完全禁煙
駐車場:近くにコインパーキング有

平日に大分駅周辺でとり天を食べたい方は是非足を運んでみてください。

コメント